スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体内にガーゼ25年間放置=腹部手術でミス―長崎市民病院(時事通信)

 長崎市立市民病院(同市新地町、鈴木伸院長)は18日、25年前に当時市内在住で30代だった女性患者の腹部を手術した際、体内にガーゼ1枚を置き忘れるミスがあったと発表した。
 同病院によると、女性は昨年12月、原因不明の発熱を訴え、県外の病院で受診。CT検査をしたところ、ガーゼが発見されたという。
 ガーゼは40センチ×26センチで、脾臓(ひぞう)の裏側に広がった状態で付着しており、今年1月に同病院で摘出。4月にはガーゼが原因とみられるうみの摘出手術が行われた。女性はすでに退院し、体調は良好という。 

【関連ニュース】
性同一性障害手術訴訟で和解=慰謝料330万、改善点も通知
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
がん患者取り違え手術=前立腺摘出、2年半後発覚
食道に気管チューブ=口内洗浄後、入院患者死亡

女子中学生重体、校舎から転落か…東京・狛江(読売新聞)
毒ギョーザ事件、袋に微細な穴…供述と一致(読売新聞)
<裁判>娘の点滴、水混入の母に懲役15年求刑 京都地裁(毎日新聞)
新人キャリアも心中さまざま=政治主導の幹部人事に―人事院アンケート(時事通信)
?…山岡議員、新潮記事名誉棄損の賠償請求放棄(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おおうちともゆきさん

Author:おおうちともゆきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。